大人ニキビと思春期のニキビの違いと改善方法

ニキビでも年齢によってその原因が少し異なることがあります。

ラミューテ半額

 

ニキビといえば思春期のときに悩む方が多いためにその後に大人になってニキビができても同じようにして治そうとする方が多いですが、大人になってからできるニキビというのは思春期のころのものとは原因が少し異なるからなかなか治らないばかりか何度も繰り返してできやすくなります。

 

大人になってからのニキビというのはとくに肌の乾燥が隠れていることが多いものです。肌が乾燥することでまず皮脂が多く出るようになります。

 

さらに乾燥することで肌のターンオーバーが乱れることになって古い角質がいつまでも肌にとどまりがちになります。そうなると古い角質が硬くなって毛穴を塞ぎやすくなります。そこに皮脂が多く出るからニキビができやすくなります。

 

そういったニキビは思春期のときのニキビのようにたんに洗顔をしっかりするだけでは改善しません。洗顔とともにしっかりと保湿をすることで肌の状態から改善していくことで乾燥を改善してニキビも治していけます。とくに保湿に注目するのが大人になってからのニキビには大切です。